ソフトバンク光のIPv4とIPv6の違いや通信速度を比較してみた!実測値と料金の意外な違い

ソフトバンク光って、IPv6回線とIPv4回線のどっちにするか迷いますよね。

通信速度が違うって言われてますが
・どのくらい速くなるのか?
・他はなにが違うのか?
・費用はいくら?
ここら辺がよく分かりません。

そこで今回は、実際に試してIPv6回線をIPv4回線との違いを分かりやすく比較していきます。

まずは結論

ソフトバンク光のIPv6とIPv4の違いは2つです。

IPv6回線の違い

1,通信速度が速くなることがある
2,毎月513円(年間6,156円)かかる

IPv6回線が使えるようになると、IPv6とIPv4の2つの回線が使えるようになります。IPv6は混雑が少ないのでIPv4だけの時より通信速度の遅くなりにくいです。

ただ、IPv6でも速度が変わらないこともあります。実際に私もIPv6回線にしてみましたが通信速度は変わりませんでした。

<速度が変わらない理由>
理由は、IPv4回線が混み合っていないからです。IPv4回線で十分速いのに、わざわざお金を払ってIPv6回線にする意味はありませんね。

<IPv6回線への切り替え>
また、IPv6回線への切り替えは1日でできます。ネットから申し込むだけなので、速い回線が使いたいかは、まず普通のIPv4回線を使って遅かったらIPv6回線に切り替える方がいいと思います。

<おすすめの方法>
IPv6回線は年間6,156円もかかりますが、本当に速くなるか分かりません。なので、まずは普通にIPv4回線を使ってみて、遅かった時にIPv6回線を試すのがおすすめです。このやり方が一番お得になります。

また、申込み特典の高性能ルーターなら、IPv6にも対応していて後でIPv6回線にしたときにも使えます。実質8,500円もするルーターが無料で貰えるので、ぜひ一度詳細をチェックしてみてください。

高性能ルーターの詳細はこちら▼
SoftBank光の特設ページへ>

ここから詳しくみていきます。

IPv6回線とIPv4回線の違い

IPv6回線とIPv4回線には2つの違いがあります。

通信回線の違い

まず、IPv6回線とIPv4回線の通信回線の違いです。

ソフトバンク光のIPv6回線とIPv4回線の違いは、IPv6回線がIPv4とIPv6の2つが使えることだけです。

回線の正式名称を見てみると
・IPv4回線:IPv4 PPPoE回線
・IPv6高速ハイブリット回線:IPv6 IPoE+IPv4回線
となっています。

つまりIPv6回線は、
・IPv4回線→IPv4だけ
・IPv6回線→IPv4とIPv6の2つが使える
これだけ知っていればOKです。

IPv6回線にすれば混雑の少ないIPv6 IPoEが使えます。すると、IPv6回線の方がIPv4だけの時より通信速度が速くなりやすいってわけです。

費用の違い

ただIPv6回線を使うには費用がかかります。IPv6回線には月額513円(年間6,156円)も必要です。

IPv4回線IPv6回線
違いIPv4のみIPv6とIPv4
通信速度通常速い?
料金無料月額513円

ソフトバンク光では、IPv6回線の追加料金は不要(無料)となっています。ただ実際は、光BBユニットレンタルが必要なので毎月513円のレンタル費用が必要です。

つまり、IPv4回線とIPv6回線の違いは、月額513円払って速いIPv6回線を使うかどうかだけです。

ソフトバンク光 IPv6回線 料金 いくら

IPv6回線を使う条件

※フレッツ・v6オプション(NTT東西)の申込みは、ソフトバンクが自動でやってくれて無料です。

実際にIPv6回線を試してみた

ただ、実際にどのくらい通信速度が速くなるのか?そこが一番気になりますよね。

実は、IPv6回線でも全然速くなりませんでした!

実際に、IPv4回線からIPv6回線に切り替えて、通信速度を実測した結果がこちらです↓

IPv4回線とIPv6回線のスピードテスト結果

<結果>
IPv6回線に切り替えても、思ったより速度は速くなりませんでした!ほぼ変化なしです。

これはちょっと驚きましたね。

測り直したり別の時間帯にも実測値を計測したんですが、どの時間帯もほぼ同じでした。下り速度、上り速度、レイテンシ、pingなど、全ての速度でほぼ変化なしです。

これじゃ、IPv6でも遅いじゃん!って言われちゃいますね。困ったものです。

なぜIPv6回線で速くならないのか?

でもなんでIPv6回線で速くならなかったんでしょう?

理由は、IPv4回線が混んでないからです。

ネット回線は道路に例えられます。IPv4回線が広い国道だとすると、IPv6回線は新しい有料道路です。

IPv4回線のような国道は、人がたくさん使う時間帯は混みますよね。ただ、ほとんどの時間帯は混み合ってません。なので、どっちの道を通っても速度は同じになるんです。

ソフトバンク光 IPv6 IPv4 混雑が無い時 イメージ図しかも、IPv6もIPv4も最大通信速度は同じ1Gbpsです。なので、混雑していなければIPv6もIPv4も速度は同じになります。

つまり、IPv6回線は混み合っている時だけしか効果を発揮しません。ネット回線が混み合っていない限りIPv6回線はいらないんです。

実際、口コミなどをみていると、東京都心以外はあまり混み合っていません。なので、速い回線を使いたいって人も最初はIPv6無しでOKです。IPv4で十分です。

一番お得な申込み先はこちら▼
SoftBank光の特設ページへ>>

IPv6回線の申込みタイミング

ただ混み合ってた時は、どのくらいの日数でIPv6回線に切り替えられるんでしょう。

実は、たった1日で切り替わります!

ソフトバンク光のIPv6回線への切り替えは、ネットのオプション申込みから行います。このオプション申込みで光BBユニットをレンタルすれば、次の日にはIPv6回線に切り替わります。

めちゃめちゃ早いですよね。
IPv6回線の解約も光BBユニットを返却するだけなので簡単です。

なのでソフトバンク光では、通信速度が遅いと感じたらIPv6に変更すれば十分です。最初から光BBユニットをレンタルすると、毎年6,156円も支払わなきゃいけないのでもったいないです。

一番お得な申込み先はこちら▼
SoftBank光の特設ページへ>>>

IPv6回線に繋ぐために必要な機器

また、IPv6回線に繋ぐためには、光BBユニットが必要だと思われがちです。

ですが実際は、IPv6回線に対応しているルーターならどれでも使えます

光BBユニット 無し 大丈夫

光BBユニットが無くてもOK

IPv6回線の開通には、光BBユニットのレンタルは必要です。レンタルすることでスイッチがONになって、IPv6回線が家で使えるようになります。

ただし、別に光BBユニット無しで光BBユニットを繋がなくてもいいんです。

ソフトバンク光 BBユニットなし ルーターの繋ぎ方

光BBユニット無しでIPv6回線が使えます

また、光BBユニットでWi-Fiを使うためには、Wi-Fiマルチパックという毎月1,089円のオプションへの加入が必要です。年間13,068円も費用がかかります。
これに加えて、光BBユニットのWi-Fi性能はあまり良くなく電波が遠くに飛びません。

こんなの使うの嫌ですよね。
なので、市販のIPv6回線対応の別のルーターを使いましょう!

おすすめは、ソフトバンク光の申込み特典で貰える高性能ルーターです。このルーターなら、IPv6回線も使えますしWi-Fiも無料で使えます。元々実質8,500円もするルーターなので、キャッシュバック32,000円と合わせて39,500円ととてもお得です。なので、これから申し込む方は特典のルーターがおすすめですよ。

この特典ルーターの詳細は、ソフトバンク光の特設ページで確認できます。
高性能ルーターが貰えるのは、この特設ページだけなので、気になる方はチェックしてみてください。

高性能ルーターの詳細はこちら▼
SoftBank光の特設ページ>

まとめ

今回は、ソフトバンク光のIPv6回線とIPv4回線の違いについてまとめました。

IPv6回線の違い
・通信速度が速くなる事もある
・毎月513円(年間6,156円)の費用がかかる

IPv6回線に繋ぐには、光BBユニットのレンタルが必要なので、毎月513円はかかります。ただし、実際に速くなるかどうかは使ってみないと分かりません

あなたの使用環境で混み合っていなければ、IPv6回線を使っても無意味です。通信速度は速くなりませんよ。

なので、まずは普通にIPv4回線を使ってみて遅いと感じたときだけIPv6回線を使ってみてください

IPv6回線への切り替えは1日で出来ますし、スマホ、Windows、Macなど設定不要で自動的にネット回線が切り替わるので、なにも困ることはありませんよ。

また、IPv6回線を使う時のためにも、ルーターはIPv6回線に対応した物を選びましょう。いまなら申込み特典でIPv6対応の高性能ルーター+キャッシュバックが貰えるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

詳細・申込みはこちら▼
SoftBank光の特設ページ>>

▼SoftBank光の一番お得なページへ▼

-ソフトバンク光
-, , , , ,

© 2021 Wi-Fiクエスト!